徳山のテイクアウトポテトといったらシェーク!みんなの思い出の場所はこんなに進化していた

赤に近いオレンジ色のひさしに、大きく書かれた『シェーク』の文字。

塩気の効いたポテトの味を、懐かしく感じる方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな徳山のみんなの思い出の場所、シェークさんを取材してきました!

2019年 現在のシェーク

徳山の街中で50年以上愛さるテイクアウト専門店だったシェークは、2016年から場所を替えファーストフード&スポーツカフェバーとしてリニューアルされました。

どこに移転したの?

移転先はなんと旧店舗から東へ徒歩30歩の距離!

青空公園を目の前に臨みます。

シェーク外観

テイクアウト購入は変わらず

おなじみのテイクアウト専用窓は健在です。

テイクアウト専用窓

呼び出し用チャイムがついている

入り口の壁にメニューがわかりやすく掲示してあるため、外からでも気軽に注文ができます。

シェークテイクアウト用窓

店内入り口とテイクアウト専用窓が隣り合う

シェークメニュー

お店の外に貼りだされているメニュー

シェークメニュー

冊子もあります

シェークメニュー
人がたくさんいる時でも見やすいですね。

店内にはたくさんのスポーツグッズ

もちろん店内での飲食も可能です。

店内はご主人の集めた様々なスポーツのグッズがたくさん!

シェーク店内

様々なスポーツのユニフォームやグッズが並ぶ

シェーク店内
シェーク店内

着用して写真が撮れるコーナーもある

明るい店内は、とても入りやすい雰囲気。

スポーツファンでなくても楽しい気分にさせてくれます。

オーナーさんはこんな人

シェークはご夫婦で営まれているお店です。

とても仲良しなご夫婦で、2006年以降先代からお店を引き継ぎ営まれています。

シェークオーナー写真

オーナーの川原ご夫妻

笑顔の素敵なお二人です。主にお店をきりもりされているのは奥様だそう。

 

シェークのメニューをご紹介

定番からオリジナルまで、みていて楽しくなるようなたくさんのメニューがありました。

定番はやっぱりポテト

シェークといったらやっぱりポテトですよね!

ポテトは150円から1000円まで、金額によって量が変わっています。

シェークのポテトメニュー

好きな量をチョイスできる

1000円分に挑まれる猛者もいらっしゃるそうですが、男性でも1人で食べきるのは中々むずかしい量とのこと。

この日は200円分のポテトをご用意していただきました。

200円 ポテト画

200円分のポテトとホットコーヒー(別売)

店内で食べる時はお皿に入れてもらえます。

昔は塩辛さが有名だったそうですが、現在はちょうどいい塩気。

店内ではケチャップやカレーパウダーなどでお好みの味付けができます。

シェークポテトのトッピング

自分好みにカスタマイズできる

テイクアウトの場合、紙袋に入れてもらえます。

シェークのポテト

この感じがなつかしい

シェークのポテトのおいしさはなんといっても、いつも揚げたてであるということ。

出来立てのおいしさはたまりません。

奥様いわく、揚げ加減はその日の忙しさによってかわってくるそうです。(笑)

ここでしか味わえない味!シェークの種類がすごい

もうひとつの定番と言えば店名にもなっているシェーク。

味の種類を見て驚きました。

シェーク種類

その数なんと30種類

定番から初めてみる味、アルコール入りの大人シェークまで揃います。

こちらのシェーク類はバニラベースを基本に、店主さん自ら味を考え生み出されているそうなんです。

『ここにしかない』というオリジナリティを大切にメニューを考えられ、試作しておいしかったものをメニュー化しているとのこと。どれも気になりますね。。

最新作はほうじ茶味ということで、いただいてみました。

シェークほうじ茶味

※テイクアウトの場合プラスチック製の蓋が付きます

ベタベタしないほどよい甘さで、ほうじ茶ラテ好きにはたまらない味。

リピートします!でも他のも飲んでみたい。。

店主のイチオシメニュー

オレンジチキン

オレンジチキン 300円

こちらは、奥様が下味から全て作られているそう。

口に入れた瞬間にショウガとにんにくの風味がしっかりときた後

オレンジがさっぱりと効いてきて、やみつきになりそうな一品です。

ライターがハマったメニュー

ワッフルポテト(5個)200円

こんなポテトはじめて!

このポテトはご主人が他店で食べて衝撃を受け、その味に似たものを探し求めてメニュー化されたものだそう。

おみやげに持って帰りましたが、冷めてもおいしかったのに驚きでした!

もちろんテイクアウトもできますよ。

ワッフルポテトとオレンジチキンん

カップにいれてもらえる

スポーツカフェバーってどんなところ?

ジャンルは不問。スポーツ好きが集う場所

ご主人によると、何かのファンでないといけないというような堅苦しい場所ではなく、『みんなで応援すると楽しい』という気持ちを大切にされているそうです。

スポーツのジャンルは不問。

初めての方が「あのチャンネルはみれますかー?」と訪ねて来られたり

外からテレビ画面をみて「入ってみていいですか?」と入店される方もいるそう。

シェーク大型テレビ

大型テレビで観戦できる

スポーツバー&カフェは、誰でも気軽に立ち寄り集える場所なんです。

観戦予約や貸し切り予約も可能です。

見たい試合がある時には問い合わせてみましょう!

お電話でのお問い合わせはこちらから

シェークの歴史と店主の想い

創業50年、現店主は2代目であるシェーク。

その歴史をおうかがいしました。

シェークの店名の秘密

実は創業当初、シェークの店名は違うものだった事をご存知でしたでしょうか?

川原さん
移転前の店舗だった時、赤いひさしにメニュー名が書いてあったんですよ。ソフトクリームとか、ハンバーガーとか、、。その中でひときわ大きく書いてあったのが『シェーク』。それを店名と思っている人が多くて。(笑)だから引き継ぐときに、思い切って店名を変更しました!
先代店主に営まれていた時代の店名はフレンチストア。

引き継いだみんなの思い出の場所

川原さん
僕は2代目だけど、先代とは親子ではないんですよ。
江里子
そうなんですね、てっきり息子さんなのかなと、、。どうしてお店を引き継がれたんですか?
川原さん
先代がもう店を閉めるって聞いた時、ここがなくなっちゃうのはもったいないなあと思ったんです。じゃあ自分がやろうかって。引き継いだのは2003年、もう16年前になります。
江里子
ファンからオーナーに、、それはすごいですね。喜ばれた方も多いでしょう
川原さん
そうですね。ここは僕にとっても、自分の周りの友人達にとっても思い出の場所だから。でも3年前移転してからは、元の店舗の場所を訪れて、お店がなくなっちゃったんだ思ってさみしさを感じている人もいるかもしれない。
江里子
なるほど。。こうゆう形で引き継がれ続いている事を、ぜひ知ってもらいたいですね。

スポーツカフェバーは、誰でも気軽に。

懐かしさを感じにくるのも、スポーツをみにくるのもよし。誰でも気軽に立ち寄れる場所でありたいですね。昔と変わらず、学校や部活帰りの学生さんは多いです。お小遣いを持ってお子さんだけで来たりもしますよ。
江里子
子供だけで!うちにも子供がいますが、子供だけだとご迷惑をかけないか心配です。。
大丈夫ですよ。自分にも孫がいますが、自分の子も人の子も僕はみんな同じように接します。行儀が悪かったら叱りますから(笑)自分自身楽しくやりたいので、来る人にも気負いせず気軽に訪れてほしいです。

まとめ

私は今回移転後はじめて訪れたのですが

シェークは新しい場所になっても、変わらぬメニューとご夫婦の温かいお人柄からなつかしさを感じられる場所でした。

初めての方も、最近は近くを通らなくなったという方も

懐かしい味を味わいに気軽に訪れてみてはいかがでしょうか?

公園でポテト

外で食べるともっとおいしい

徳山の街で50年以上営業を続けてきたシェーク。

移転してからはまだ2年とのことですが、これからも歴史を重ね、子どもたちの思い出の場所になっていくことでしょう。

 

江里子
ワッフルポテトがまた食べたい。。抹茶ソフトもおすすめ!
ファーストフード&スポーツカフェバー シェーク

住所:周南市飯島町2丁目 41
駐車場:なし
電話番号/0834-22-2107
営業時間/11:00~20:00(スポーツ観戦時やイベント開催時は終了まで)
定休日:火曜日

#つぶやけとくやまっぷ でおすすめスポットを教えてね