しゅうにゃんフェス2018で徳山の街が音楽に包まれた1日をレポート

11月3日文化の日、この日は周南市で初のライブイベント、「しゅうニャンフェス」が開催されました。

周南市のライジングホールrise周南市駅前図書館インフォメーションスペース3会場を音楽で結び、サーキット形式で行われる初の試み

当日は13組のアーティストが出演!

とっても豪華なアーティストたち!どれも見たい・・・・

そんな贅沢なサーキットフェスの当日は、11時を迎えるころにはすでに、

「リストバンド」交換のための長蛇の列が・・・・・・。

遠く県外からもこのフェスのために周南にいらっしゃったみなさまをおもてなしすべく、
みなみ銀座商店街では応援企画として、市民団体グループ「ツナカン(周南市の街をつなげ、感動・感謝を拡げる会)」主催の「food&ワークショップエリア」が連動開催。

フードエリアやワークショップ、アクセサリー販売などさまざまなブースが商店街に出現しました。

しゅうニャンフラッグ!(フタバフルーツパーラーさんのフルーツ串)

フラワーワークショップ!

しゅうニャングッズ!

みなさまのお越しをおまちするべく、準備するみなさま。人気の飲食店やイベントで大人気の長穂産野菜をふんだんに使った焼きそば、周南産野菜のパニーニ、商店街のお店の手作りからあげや豚汁、ミニピザに始まり、オシャレなBARも初出展、アルコールやノンアルコールなどでここの通りで一通りすんじゃうといっても過言ではないくらいの充実度!

グッズ販売近くのブース、ちゅらタイムさんの沖縄フードも大人気でした♬

map作成&本部の「ツナカン」事務局の徳山さん。かわいいマップやポスターはお手のモノです。

出展したちーむ「み」さんのインスタグラムもご紹介。

徳山駅前図書館インフォメーションブースでは、
無料ライブ会場の設営にボランティアスタッフのみなさんが大忙し。

中央街ではアーティストの物販ブースコーナーも出現!

周南恋みくじ

周南恋みくじ

しゅうニャン恋みくじも登場して、女子のハートをわしづかみ。。

超吉(ちょうきち)が出るとしゅうニャンハンカチをプレゼント。
レアな超吉を引いた方、とってもラッキーな出来事が訪れるはずです!

実は周南は日本のおみくじ製造のシェアをなんと7割も占める会社があるのです。
そして「周 南」という字をよーくみてみてください・・・
吉 と 幸 が隠れています!
そこから生まれたしゅうニャン恋みくじ。イケメンが恋の行方をささやきます。

いよいよリストバンド交換も終わり、来場者のみなさんは駅からダッシュ!!
一目散に会場へ向かいます。

駅前図書館ではしゅうニャン市長のユーモアあふれる挨拶とともに、
アルカラのボーカル、稲村太祐さんのライブがスタート。

みなみ銀座で並行して行われたストリートミュージシャンエリアでは、
県内外で活躍するミュージシャンたちがパフォーマンス。

電源は水素自動車から!エコです。

往来を行くいろんな年代の方が足をとめて、音楽を楽しんでいらっしゃいました。

まちのあちらこちらから音楽が流れ、音楽でつながるまち、周南市。

なんだかとっても贅沢な時間をすごしている気がします!

さてフードエリアの撤収が終了した午後18時、rise会場のライブを泣く泣くあきらめ、
メイン会場となったRISING HALL になんとか駆け込み、
ラスト2曲、「夜の本気ダンス」「アルカラ」のライブに参戦できました!

1年前にこの2つのバンドが、ライブを終えて、打ち上げ会場で獺祭を飲みながら「サーキットフェスができたらいいね!」と話してくれたことがきっかけに実現したこの「しゅうニャンフェス」。

そんな裏話も聞きながら、

目の前にアーティストがいる臨場感と、オーディエンスを巻き込む素晴らしいパフォーマンス、、そして、アンコールにはALL CASTが登場するというサプライズ!!

アットホームでハッピーなエンディングの余韻さめやらぬみなさんが、RISINGHALLをあとにして、夜の商店街でそれぞれにひたっていたのは言うまでもありません。

13組のバンドのみなさんしゅうニャン市、いや周南市に来てくださって本当にありがとうございました。

来年もあるといいニャ。。。

しゅうニャンフェス公式サイトはこちらから

#つぶやけとくやまっぷ でおすすめスポットを教えてね