着物の良さを伝え続ける/きもの館 エムラ 徳山支店

The following two tabs change content below.
貞本 麻喜

貞本 麻喜

動物大好きTokuyamap編集部マキです!公式Twitterの中の人をしています。

普段、着物を着ることはありますか?

着物を着る機会といえば、

  • お宮参り
  • 成人式
  • 七五三
  • 冠婚葬祭 etc….

「何かある時に着る」というのが一般的だと思います。

日本の伝統文化の象徴である「着物」ですが、普段切る機会が少なくなっています。

そんな日本の伝統である着物の良さを、徳山銀南街の『きもののエムラ 徳山支店』でお聞きすることができました。

きもののエムラ 徳山支店

エムラ徳山店は、徳山銀南街にあります。

店内には着物や浴衣を始め、バッグや草履、装飾雑貨などたくさん取り揃えています。

きもののエムラ 支店長 饗庭(あいば)さんへお話を聞いてみました!

着物業界35年 支店長 饗庭利彦さん

名刺をいただいた時に目に止まったのは役職!

さだもと
饗庭さん!この着物伝道師とはどのようなことをするんですか?
饗庭さん
着物伝道師という名目・役割として、文化継承を伝えていく人として掲げています。
着物は日本の文化の一つなので、伝え続けていかなければいけません。
35年経ちますが、まだまだ分からない事や初めての事、新発見などがたくさんあります!

今までに衝撃だったことや発見などは?

饗庭さん
昔の江戸時代・明治・大正の着物は、大正ロマンとかに比べると、大胆な絵柄が多いなと思います。
その時のデザインってなぜか今にあっても、全然問題なく、古さを感じないところがあるんです。
江戸〜明治にかけての着物を見ていても、古さを感じさせないなと思います。
昔の着物を見ていると、昔の人は感性が豊かだったんだろうな〜と思います。
さだもと
確かに!今着ていても様になっていて違和感がないですよね。
今のファッションに比べて、着物に大きく流行りというのはなく、今に通じるものがありますね。

着物を伝えていく中で、一番伝えたいことは?

饗庭さん
着物を『着てもらう』ということが大切で、着てもらわないと後世には伝わらないと思っています。

着物ってどう思う?と聞かれた時、女性も男性も答えは『良い』と答えるそうです。

さだもと
着物を着ていることに、「悪い」と思う事はないですよね。
饗庭さん
良いと思う物をなぜ利用しないのかな?と思います。しかし、「着れない・高い・着る機会がない」といった理由があります。そういう機会を補い、アフター(クリーニング、染み抜きなど)までしっかりサポートしています。

着物を着たいという人はどのくらい?

街頭アンケートで、着物を着たいという人は95%もいるそうです。

「着てみたい」・「憧れ」・「着ていた人がすごく印象的だった」といった理由があるようです。

饗庭さん
見ていて、「綺麗だな」「着たいな」と思うのならば、「着れば良いじゃん!」となるわけですよ。
それを解決してあげたいと思っています!

エムラで出来ること

着物の課題

  1. 着る機会がない
  2. そもそも着物を持っていない
  3. 持っていたとしても自分では着れない
  4. クリーニングなどのメンテナンス、色々お金がかかりそう
さだもと
私自身、着物を着たい気持ちは山々なのですが、中々着る機会がありません。どうしたら良いと思いますか?
饗庭さん
イベントも定期的に実施していますので、まずはそちらから気軽に参加されてみてください。
ご予算に応じて商品をご提示いたします。

着物はポリエステルの物で、7,800円〜

絹の高いものだと130万円の価値があるものまで取り揃えております。

過去のイベント

エムラでは、定期的に着物と関わる機会を提供しています。

11月に行われたイベントでは、

  1. エムラで着物の着付
  2. 食事を楽しむ
  3. 紅葉散策

といった少人数でバスをチャーターして楽しむ企画を行っているようです!

徳山銀南街公式Instagramより)

エムラ着付教室

饗庭さん
着物をお持ちの方でも「自分で着れない!」という声をよくお聞きします。
まずは着付教室から気軽に参加してみてください!
木・日曜日 13:00〜15:00
※着付の先生の都合もありますが、時間や曜日の要望も承っております。

きものクリニック

きものドクターが各店舗来店する日があり、着物のお困りごとの「相談」「お見積もり」を無料で行ってくれるそうです。

饗庭さん
きものドクターが来る日以外でも、お預かりし、ドクターまでお渡ししますので、気軽にお持ちください。
※ドクター来店日は予定が決まっているようなので、店舗スタッフまでご確認ください。

饗庭さんから一言

饗庭さん
小さいことでも、本当に何でも構いませんので、気軽に聞きにきてください!
定期的にイベントも開催しておりますので、そちらにも気軽にご来店いただければと思っております。
さだもと
饗庭さんが、「着物を着ると所作が変わる。所作が変わると、自然な女性らしさ、男性らしさが出てくる」と話されていたのがとても印象的でした。

もっと身近で着物を着る機会があれば、嬉しい方も多いはず。

京都では、普段から老若男女問わず着物を着て歩いていますよね。

徳山の街でも「着物」を着て歩るく人が増えると素敵だなぁと思います。

まずは一度、エムラさんが行っているイベントへ参加し、着物を身近に感じてみることから始めてみます!

 

【きもの館 エムラ 徳山支店】
住所:周南市銀南街13番地
電話番号:0834-31-1263
営業時間:10:00〜18:00
定休日:火・水曜日

#つぶやけとくやまっぷ でおすすめスポットを教えてね