2019年周南冬のツリーまつり特別企画│周南はコトを通じて絆が生まれる街

The following two tabs change content below.
箭内 奈津美
Tokuyamap編集長2年目になりました。横浜出身・東京育ちの都会っ子ですが脱東京を目論み、徳山に移住をしてみました。得意分野はwebマーケとEC通販というバリバリのIT女子です。 地元者とは違う目線で街の魅力を見つけていきます。

今年もまもなく開催される徳山冬の恒例イベント「周南冬のツリーまつり」は2019年で35回目となります。

毎年趣向を凝らしている同イベントですが、今年の見どころや楽しみ方をはじめ、昭和・平成・令和と時代の移り変わりとともに変化したことを伺いました。

左から廣澤さん、原田さん、岡さん

お話しを伺ったのは、ツリーまつり実行委員会委員長で徳山商工会議所副会頭の原田さん、青年部青友会会長の岡さん、副会長の廣澤さんです。

始まりは昭和60年、年末の賑わいを彩るイルミネーションだった

周南冬のツリーまつり

昭和62年、第3回周南冬のツリーまつりでは氷のトナカイを展示

いまから35年前、徳山駅前に近鉄松下百貨店があったころに周南冬のツリーまつりの第1回が開催されました。

当時の印象、感想を覚えていますか?

周南冬のツリーまつり

第4回(昭和63年開催)、御幸通の街路樹は今より小さく、ツリー型にイルミネーション点灯していた

箭内
35年前というと皆さんもかなりお若い時ですが、当時の印象は残っていますか?
原田さん
僕は高校生くらいで、受験のタイミングで年末に東京にいたことがあったんです。そのときに、全国放送で徳山のイルミネーションが報道されていたのを鮮明に覚えています。いち地方が取り上げられるのかと衝撃だったし、地元がピックアップされて嬉しかったですね
箭内
当時は地方でイルミネーションを本格的に設置するのが珍しかったのかもしれませんね
岡さん
私は山口市出身で当時20代の頃は光市で仕事をしていたのですが、わざわざ見に来た記憶がありますよ。
周南冬のツリーまつり

第6回(平成2年開催)のステージ

廣澤さん
私は7歳だったので親に連れられて、という記憶ですね。「街へ行こう」というフレーズで徳山駅にくり出していたことがすごく印象に残っています。
原田さん
ここって「街」なんですよ。当時の徳山って、「おでかけに行く場所」で銀座通りなんかも年末はすごい人だったんですよ、人同士がぶつかるくらい!
箭内
それはすごい賑わいだったんですね!
周南冬のツリーまつり2018

第8回開催時のアルバムを見ながら記憶を辿り盛り上がります

第8回(平成4年)は、徳山駅前に巨大ロウソクがありました

イルミネーションの登場で街はどう変わりましたか?

原田さん
「もうそんな時期か」と急にせわせわする、年の瀬を感じる風物詩になったなぁと感じますね。
箭内
この街の文化になっているということですね

周南という街は「観光資源」があまりなく、外から人を呼ぼうと思うと「コト」を作る必要があったと原田さんは教えてくれました。

そういった課題感に対して真摯に取り組んできた皆さんが、季節ごとに集客力のある大きなイベントを作り、根付かせているのでしょう。

少し昔は、商工会議所や青年会議所が先頭に立ちイベントごとを取りまとめていましたが、現在は商店主や学生など色々な人がイベントを作り発信するようになったことは大きな変化です。

原田さん
昭和・平成・令和と続いてきて、イルミネーションの役割は変われど見ることで気持ちが穏やかになるような、これからもそんな催しであってほしいですね

今では県内外から注目される冬の風物詩に

周南冬のツリーまつり2018

徳山駅から御幸通り方面に広がるイルミネーション 2018年

周南冬のツリーまつりは、イルミネーションを目的に市外や県外からも人が多く集まります。毎年成長を続け、催しものやイルミネーションがパワーアップしていますよね。

近年で印象に残っている催しやエピソードはありますか

ここからは、皆さんが運営に携わるようになってからのお話しを伺います。

周南冬のツリーまつり2018

青年部青友会が毎年行うサンタの扮装、写真は「サンタga餅まき」

原田さん
以前は青年部の人数が多かったので、徳大生にも協力をしてもらって「100人サンタ」をやったこともありますよ
箭内
それはかなりのインパクト!2018年も青空公園でたくさんのサンタさんを見かけました
原田さん
青年部はサンタに力を入れてるんです。20年くらい前には「電飾サンタ」といって一人だけ電飾を巻いて光らせたんですよ。ただ、そのサンタに出会うとお菓子をもらえるという企画をしたら子供たちが殺到して大混乱になったのですぐに撤退しました。
箭内
それだけ盛り上がったということですね
廣澤さん
サンタでいうと、2018年から青空公園のウィークエンドイベントで「サンタga餅まき」を始めて大好評でした。餅は紅白でサンタカラーと同じなこともあり、周南のサンタは餅を撒くというのをこれから定着させたいんですよ

今年は「サンタga餅まき」もパワーアップするということで、ウィークエンドイベントも楽しみにしていてくださいね。

2019年は100万個のLEDを使用していますが見どころは?

周南冬のツリーまつり2018

開催当時の昭和60年にはLEDではなくカラー電球でした。2019年はLEDが昨年の90万個から100万個に増えています

原田さん
周南冬のツリーまつりは、広範囲のイルミネーションが特徴で、100万個=イルミネーションの広がりとなっています
箭内
確かに、これだけの規模のイルミネーションが街の複数個所にあるというのは散策もできて見応えがあります
原田さん
ただ一方で、「1か所に集中させたほうがイルミネーションデザインにインパクトが出るのでは」という意見もあります

冬のイルミネーションイベントは全国各地で行われていますが特色は様々。

周南冬のツリーまつりは、駅・商店街・公園がイルミネーションで繋がっているのが特徴ですが来年以降はデザインが一新されるかもしれないですね。注目です。

イベントの中の人として、おすすめの鑑賞スポットはありますか?

岡さん
やはりメインは御幸通りなので、徳山駅周辺からのイルミネーションがきれいですよ

2018年2月にリニューアルオープンした徳山駅ビル。2階部分はテラスになっているので、駅周辺のイルミネーションを広く見渡せます。

原田さん
あとは今年限定で、ボートレース徳山による「クイーンズクライマックスショー」徳山駅北口広場で行いますので、駅周辺は注目です。

ボートレース徳山では、12月に大きなイベントが開催予定なのでそのPRを兼ねたイルミネーションが登場するようです。楽しみですね。

廣澤さん
私は、「御幸通りメインステージ前」をおすすめします。華やかなステージに徳山駅ビルの輝きも加わり、御幸通りのイルミネーションもすぐ後ろなので集中イベントの日は贅沢な場所になりますよ

集中イベントは例年多くの人で賑わう

徳山駅周辺以外も負けてはいません。

青空公園は、光と音によるショーをBGMを挟んで1時間に5回行われますが、見ているだけで心が弾む美しさです。

周南冬のツリーまつり2018
箭内
青空公園は個人的な一押しスポットです!

今年のテーマ「enjoy no border! 垣根を越えて楽しもう」に込めた想い

青年部が毎年運営を行うにあたりテーマを決めますが2019年は「enjoy no border」、垣根を越えてという意味です。

垣根を越えて、に込めた想い

周南には来訪者も多く、外国の方も暮らしています。街には老若男女暮らす方がいて、イベントにも県内外から多くの方がいらっしゃいます。

岡さん
この街に訪れる様々な方が楽しめる、そんなイベントにしたいと思っています。
廣澤さん
ステージでは、園児がコーラスをしたり高校生がダンスを踊ったりと、観る側だけでなくやる側も垣根を越えて、no borderを実行しているんですよ
周南冬のツリーまつり

みんなで楽しむ、をモットーに運営の工夫をしているということ。今年の催しがさらに楽しみになりました。

街のみんなで参加し、盛り上げていく

コトを作らなければ遊び場がない、そんな周南でイベントを通して繋がりや絆が生まれたら良いと原田さんは語ります。

原田さん
ツリーまつりに限らず、色々な人が色々なことをわいわいやっているのはすごく良いこと。ツリーまつりもますます頑張って盛り上げなければと感じてます
岡さん
とても良いイベントなので、色々な方が参加してSNSなどでもシェアされていくといいなぁと思っているんです
箭内
今までにない広がり方も期待したいですね。TokuyamapではSNSでの拡散に力を入れる予定です!
廣澤さん
皆さんが言う通り、繋がりが広がっていくことが大切です。「この地でしかできないこと」があるはずだけど、他所と競う必要はないので楽しんでもらいたいです。

みんなが楽しく、みんなで楽しく。そんな温かい願いが込められた街のイベントだなとほっこりした気持ちになりました。

周南冬のツリーまつりを通して、街の温かさを感じてほしい

季節感がだんだん失われていく現代で、この周南ではお祭りが風物詩として根付いていると廣澤さんはお話ししてくださいました。

原田さん
先日、天皇陛下の即位を祝うパレード「祝賀御列の儀」を拝見して、滅多に見れないものを見たなぁ、日本に生まれて良かったなぁと感じたんですよね。

その瞬間に立ち会うだけで心穏やかになることってすごいことです。

原田さんは、周南冬のツリーまつりも、そんな「その場にいるだけで何か心が温まるようなもの」にしていきたいと仰います。

原田さん
イベントを通して、この街の人の良さを感じていただき、それが繋がって絆が生まれるといいなぁと思っています

令和最初の「周南冬のツリーまつり」。

夜のイルミネーションは、理屈抜きで美しく見ているだけでワクワクするような魅力があります。

それに加え、色々な方が来場者を楽しませるためのイベントを企画しています。

ツリーまつり期間中に徳山駅周辺に訪れた際は、是非いつもよりすこし「のんびり」と歩いて、過ごして、街の良さを再発見してみてください。

取材協力:徳山商工会議所

#つぶやけとくやまっぷ でおすすめスポットを教えてね