島の歴史 -三ツ石の採石場-

The following two tabs change content below.
磊ノ島
大津島を拠点に次代へ向けた地域活性化を目的とし、島内・島外メンバーの連携により運営。2019年4月活動開始
磊ノ島

最新記事 by 磊ノ島 (全て見る)

はじめまして!

一般社団法人磊ノ島代表の渡邊です。

大津島に生まれ、大学で島を出て、7年前に帰ってきました。

私なりの島の紹介をして行けたらと思っています。

 

そこは、長いこと住んでいるのに、知らなかった場所の一つです。

大津島刈尾港から左に10分ばかり歩くと、高く切り立った断崖を右手に見ることができます。

そこは「三ツ石」と呼ばれる採石場です。

大津島の採石の歴史は古く、この三ツ石では明治の終わり頃から花崗岩(御影石)の採石が行われ、多くの島の人々が作業に携わって来ました。

長い年月をかけて削られた山肌は大きくそそり立つ断崖となり、私は子供心に、その圧迫感に恐怖さえ感じたものです。

採石場という事もあり、そこへ立ち入る事など思いもよらなかったのですが、昨年、移住者の松田(現磊ノ島専務理事)の案内で、初めてそこへ足を踏み入れました。

中野石材(現中野グラニット)の入口から敷地内をしばらく歩くと、目の前に高い断崖と、そしてその下に広がる青い湖

採石用に掘った10メートル以上の深い穴に、雨水が溜まってできた人口の湖ですが、崖で切り取られたような青い空花崗岩の灰色と湖の青のコントラスト、その美しさに息を呑みました。

同時に、この歳になるまでこの島に住んでいて、なぜこんな場所を知らなかったのか、そんな自分にも驚いた事です。

こんな場所が探せばまだまだあるのかもしれませんね。

そして、それを見つけるきっかけは、「外から島を見る人」の力なのかもしれない。

ところで、なぜこの場所を三ツ石と呼ぶのか。長く島にいながら、それもまだ知りません。

次の機会の、宿題にしたいと思います。

写真・文 渡邊

一般社団法人磊ノ島

大津島を拠点に次代へ向けた地域活性化を目的とし、島内・島外メンバーの連携により運営。2019年4月活動開始

 

#つぶやけとくやまっぷ でおすすめスポットを教えてね

ABOUTこの記事をかいた人

磊ノ島

大津島を拠点に次代へ向けた地域活性化を目的とし、島内・島外メンバーの連携により運営。2019年4月活動開始