徳山動物園の新エリアをご紹介!|〜アジアの熱帯雨林ゾーン〜

The following two tabs change content below.

貞本 麻喜

動物大好きTokuyamap編集部マキです!公式Twitterの中の人をしています。

徳山動物園リニューアル第5弾となる「アジアの熱帯雨林ゾーン」が令和3年11月23日にオープンしました。

国内最大級の広さを誇るスリランカゾウエリアをはじめ、生物多様性に富んだアジアの熱帯雨林に生息している生き物たちの魅力を楽しみながら、自然の大切さを感じてもらえるゾーンになっています。

新エリアの様子を取材してきました!

スリランカゾウエリア

ゾウエリアはとても広くなりました!

「ミリンダ」と「ナマリー」の間に子どもが生まれることも想定したゾウエリアは、以前の約5倍の広さで、国内最大級の施設となっています。

新しい放飼場に慣れてくれば、ゾウたちが深さ約1.6メートルのプールで豪快に水浴びをする姿や、目の前でエサを食べたりするところが観察できます。

取材時はゾウたちが出ていなかったので、出ている様子をこちらでご覧ください↓

さだもと

水浴びがたくさんできるようになり、ミリンダとナマリーはとても嬉しいでしょうね。

次回はタイミングよく水浴びしているところが見れるといいな〜!

徳山動物園のかわいい動物たちを紹介!|No.1 スリランカゾウ

メンフクロウ

ここには、SNSで話題になったあの「アイちゃん」がいます。

今は鳥インフルエンザの感染予防の為アイちゃんは不在でした・・・(泣)

さだもと
たまに飼育員と一緒に園内をお散歩しているようなので、そのタイミングで会えたらラッキーですね!

コツメカワウソ舎

元気いっぱいのコツメカワウソたちがあちこちへ動き回ります。

カワウソと触れ合える「ぷにっとタッチングタイム」ができるように、ただいま練習中です。

カワウソの新しい仲間 ササメ(オス)

今年の2月9日に和歌山県のアドベンチャーワールドから『ササメ(オス)』が引っ越してきました。

一緒にいる『コト(メス)』ととっても仲良しだそうです!

取材時は寝ていて、お顔が見えずでしたが仲良く寄り添っている様子から、仲良し度はお伺いできました!

さだもと
まだササメのお顔を見れていないので、次回動物園に行く時が楽しみです!

※以前いたタルトとスミレは、コトとササメが落ち着いた環境で過ごせるよう、トラ舎前にある仮設カワウソ舎へお引越ししています。

徳山動物園のかわいい動物たちを紹介!|No.6 コツメカワウソ

マレーグマ舎

現在はメスの「マーヤ」1頭だけですが、将来的には繁殖にも考慮した施設となっています。

ガラス越しに間近に見ることができ、また木登りが得意なマレーグマのために、長さ4m以上にもなる丸太を組んで野生下のような行動ができるようになっています。

さだもと
以前は柵越しでしか見れなかったのが、ガラス越しになったことでとても見えやすくなったのですごく嬉しいです!

身体がよく見えるので、毛はふわふわしているのかな?と触れたい衝動にかられます。

マレーグマ舎は間に通路があり、隣の部屋と行き来することができるようになっています。

取材時、タイミングが良く通路を渡る姿を見ることができました。

さだもと
マーヤがタイミング良く通ってくれたので大興奮しました!

キュウカンチョウ舎

ペットとしても親しまれ、おしゃべりすることでもよく知られています。

徳山動物園では、繁殖を目指して飼育をしています。

黒色の体にオレンジ色の口ばしや足、頭の模様が特徴的なキュウカンチョウは、瞳がでかく可愛い表情をしています。

さだもと
私が行った時は、『カァーカァー』とカラスの鳴き真似をしたり、人間の話し方のモノマネを披露してくれました!

突然モノマネをしだすので、よく観察してみてくださいね!

インドタテガミヤマアラシ舎

ヤマアラシの家族がのんびりと過ごしています。

ガラス越しにヤマアラシの鋭い歯が観察できます。

取材時は寒かったようで、外に出ていませんでした・・・(泣)

さだもと
次回お伺いした時には、出てくれているといいなと思います!

屋外に出ている時の様子はこちら↓

熱帯いきもの館「太陽と水の森」

熱帯雨林の生態系のしくみや大切さ、そして自然と共存する未来を考える施設です。

鮮やかな色をしたカエルやトカゲ、カメレオンたちなどの生息地を再現した空間の中で展示しています。

館内のいきものたち

ニシアフリカコガタワニ

パーカーナガクビガメ

インドホシガメ

ムツアシガメ

アルマジロトカゲ

ヒラセガメ

チュウゴクワニトカゲ

ボールニシキヘビ

ベネディクタヤドクガエル 奥の方にいてうっすらとしか見えなかった・・・。

インドホシガメの赤ちゃん

インドホシガメ

ビルマニシキヘビ

アオホソオオトカゲ

パンサーカメレオン

モウドクフキヤガエル

さだもと
爬虫類やカメが多く飼育されています。

ベネディクタヤドクガエルやアオホソオオトカゲはよく見ないと見つけられない時があります。

どこにいるのか探し出すのもすごく面白いですね!

どの動物たちも広く新しくなったエリアで、のびのびと生活していました!

ぜひ可愛い姿を見に行ってみてくださいね。

徳山動物園のかわいい動物たちを紹介!|No.4 爬虫類・ビントロング

徳山動物園のかわいい動物たちを紹介!|No.2 ポニー・ヒツジ・ヤギ・ミニブタ

徳山動物園のかわいい動物たちを紹介!|No.3 レッサーパンダ

徳山動物園のかわいい動物たちを紹介!|No.5 フンボルトペンギン

【周南市徳山動物園】
住所:周南市大字徳山5846
電話番号:0834-22-8640
開園時間:
夏季:9:00〜17:00(3/1〜10/19)
冬季:9:00〜16:30(10/20〜2月末日)
(※最終入園は閉園の30分前まで)
定休日:火曜日、年末年始(12/29〜12/31)
(※休園日は変更する場合があります。)
公式HP:徳山動物園
公式Twitter:徳山動物園
公式Facebook:徳山動物園

#つぶやけとくやまっぷ でおすすめスポットを教えてね