徳山動物園のかわいい動物たちを紹介!|No.4 爬虫類・ビントロング

The following two tabs change content below.

貞本 麻喜

動物大好きTokuyamap編集部マキです!公式Twitterの中の人をしています。

周南市には、「周南市徳山動物園」があります。

そこには、103種395点のかわいい動物たちがいます。(2021年4月時点)

動物大好きな編集部さだもとが、担当飼育員さんにお話を聞き、動物たちの可愛さや特徴をお伝えしていきます!

爬虫類(カメ、ワニ)・ビントロング

今回は、爬虫館にいる動物たちを紹介します。

ココにいます!

南門から入り、ゾウ舎前を過ぎてまっすぐ進みます。
(6/21から7/21までの期間は、工事中のため、う回路を利用して下さい。)

中央ステージ横を過ぎると、ゾウの足跡が描かれた坂が見えてくるのでそのまま進みます。

そこを登ると、マントヒヒやチンパンジーの姿が見えてきました。

その前を過ぎると、奥にあるこのレトロな感じの建物が爬虫館

現在ここにはインドホシガメ・ムツアシガメ・ニシアフリカコガタワニ・ビントロングが展示されています。

園内マップではココです!

インドホシガメ

現在徳山動物園にはインドホシガメが20頭います。

インドホシガメは、インドに生息する草食性のリクガメで、名前の通り、甲羅の星状の模様が美しいカメ。
ペットとして人気がありますが、近年は生息数を減らしています。
ホシガメは通常2〜8個の卵を土中に産卵し、約150日で孵化します。
徳山動物園では、2006年に初めて繁殖に成功しています。

見分け方 体が大きいのがメス。体が小さいのがオス
名前 名前はついていませんが、甲羅に緑で書かれた数字が書かれていて、それで識別できるようにしています。

主食

野菜の葉っぱを食べます。

週2,3回程度ペレットを水にふやかしたものも食べています。

ホシガメの赤ちゃん

6/3に生まれたばかりの赤ちゃんホシガメを見せていただきました!

さだもと
掌よりも小さいのに、ちゃんと甲羅もついてる・・・このサイズ感がたまらなく可愛いかったです♡

ムツアシガメ

インドや東南アジアに生息するアジア最大のリクガメ。

「六つ足」と言っても、本当に足が六本あるわけではなく、おしりの辺りにあるトカゲ状のウロコが、足のように見えるところに由来します。

メス

オス

名前 名前は特についていません
見分け方 体が大きい方がメス。小さい方がオス
さだもと
名前がないんですね!(笑)ぜひ名前をつけてあげてほしいです!

主食

野菜の葉っぱを食べます。

ニシアフリカコガタワニ

夜行性で、クロコダイル科のワニは口の先がとがっているのが特徴。
口を閉じても歯が見え、笑っているように見えます。
また丸くて大きな目がかわいく、ワニの中でも人気が高いです。

ニコ(メス)

アコのお姉さん。

生年月日 2016年8月21日

アコ(メス)

ニコの妹。

生年月日 2018年8月21日
さだもと
今回初めて知ったのが、ニコとアコが同じ誕生日だったこと!!姉妹で同じ誕生日ってすごい!

取材時は水の中にいましたが、ニコは大体赤丸辺りにいます。

主食

冷凍のネズミ・ヒヨコ・肉などを週に1度だけ食べます。

さだもと
なぜ週に1回だけなんですか?
飼育員 杉原さん
ワニは消化が遅いので、食事が週に1度だけなんです。

ビントロング

ビントロングは、爬虫類ではないのですが、アジアの熱帯雨林ゾーンができるまでの間、仮で爬虫館にいます。 アジアの熱帯雨林ゾーンは今年度完成予定です。

英語で「ベアキャット(Bearcat)」、日本語で「クマネコ」とも呼ばれ、ハクビシンと同じジャコウネコの仲間。
体重も15㎏を超え、ジャコウネコの仲間の中では最大種となります。
東南アジアの森林に住み、イチジクなどの果物を中心に木の葉、昆虫など様々なものを食べる雑食性。
森林生活をするため、木登りが大変得意で、筋肉の発達した長い尻尾で木の枝にぶら下がることができます。

ヒナタ(メス)

生年月日 2016年7月25日生まれ
見分け方 体の毛に白や茶色が混じっている。

ウダーラ(オス)

生年月日 2018年4月6日生まれ
見分け方 全身が黒い毛で、体が大きい。

主食

主食は果物で、りんご・バナナ・蒸しニンジンを食べています。

以前私が動物園に行った際、ちょうどタイミングよくお食事をしていた「ヒナタ」をご覧ください↓

メンテナンス

さだもと
各動物たちのメンテナンスなどはしていますか?
飼育員 杉原さん
月に1回体重測定をしています。

ビントロングのオスのウダーラは体重が20㎏近くあって重いので、計測の際は、背中に乗せた状態で測っています。

さだもと
人懐っこいんですね。

背中に乗っているウダーラの姿を見てみたいです♡

さだもとオススメのかわいいところ

寝方がとてつもなくかわいい!!

さだもと
大体寝ていますが、寝ている姿も本当にかわいい♡

だらーんとした寝姿が、なんとも言えません♡

目がくりくり

さだもと
まんまるな瞳がとてもキュートで惹かれます♡

餌の食べ方がかわいい

さだもと
餌を食べる時に、「ガブっ」とかぶりつく姿がかわいい♡食事中は要チェック!

今年度完成予定のアジアの熱帯雨林ゾーン

爬虫館、ビントロング舎は、今年度完成予定のアジアの熱帯雨林ゾーンに入るそうです。

取材時も、新エリアの工事が着々と進んでいました!

さだもと
完成したら、今は展示されていないバックヤードにいる蛇なども展示されるようです。
完成がとても楽しみで待ち遠しいです!

担当飼育員さん紹介

今回取材をしたのは、爬虫館担当飼育員 杉原祐二さん

「姿形が可愛い♡」と大の爬虫類好きな杉原さんは、爬虫類を担当してなんと16年目になる大ベテラン飼育員さんです!

徳山動物園に行かれた時、杉原さんに出会えたら色々お話を聞いてみてくださいね。

バックヤードに入れてもらいました!

飼育員さんのベストショット

ワニの激近ショットをいただきました♡

さだもと
カメラ目線でかわいすぎる・・・♡

バックヤードからの写真を披露

取材時、バックヤードに入れてもらうことができました。

ウダーラが近寄ってきました♡

カメラ目線! かわいすぎて永久保存版♡

ムシャムシャ食べる姿を間近で拝見できました!

バックヤードにいる小さいインドホシガメたち

甲羅の数字がよく見えます

お食事中でした

飼育員さんから一言

飼育員 杉原さん
爬虫類はあまり動きがありませんが、姿や形をぜひゆっくり見ていただきたいなと思います。

 

 

さだもと
ホシガメの甲羅に緑の数字が書かれていることには気付きませんでした。

みなさんも行かれた際は甲羅に良く注目してみてくださいね!

徳山動物園のかわいい動物たちを紹介!|No.1 スリランカゾウ

徳山動物園のかわいい動物たちを紹介!|No.2 ポニー・ヒツジ・ヤギ・ミニブタ

徳山動物園のかわいい動物たちを紹介!|No.3 レッサーパンダ

【周南市徳山動物園】
住所:周南市大字徳山5846
電話番号:0834-22-8640
開園時間:
夏季:9:00〜17:00(3/1〜10/19)
冬季:9:00〜16:30(10/20〜2月末日)
(※最終入園は閉園の30分前まで)
定休日:火曜日、年末年始(12/29〜12/31)
(※休園日は変更する場合があります。)
公式HP:徳山動物園
公式Twitter:徳山動物園
公式Facebook:徳山動物園

#つぶやけとくやまっぷ でおすすめスポットを教えてね