カープコラム 若手の起用と打順に変化が

The following two tabs change content below.
廣谷嘉孝

廣谷嘉孝

廣谷嘉孝

最新記事 by 廣谷嘉孝 (全て見る)

こんにちは!カープコラム担当の廣谷です!

前回、4月14~18日のゲームについては・・・

  • 貧打の原因として打てない1割打者をずっとスタメンで使っていること
  • 二軍で頑張っている若手をとにかく使え!

と書きました。

カープコラム 貧打・・・

2021年4月21日

ようやく若手を使いだした!

そしたら、偶然でしょうが翌日からスタメンが変わりました(笑)

4月20~22日のカープ対ヤクルト戦。

ようやく小園を一軍に上げて即スタメン。
2番にも同じく小園と同期の羽月をスタメンに。

すると小園がいきなりタイムリーを打つなど2打点の活躍。
羽月も2安打を放つなど若手二人が打線を盛り上げてくれました。
結果的に負けたけど今後の戦いが楽しみになってきました。

とはいえ20日~22日のマツダスタジアムでのヤクルト戦は2敗1分と借金2。今年はここまでヤクルトに全然勝てません。

去年まではお得意様だったのに、今年はコロナで離脱者が出たところで起用された若手が大活躍しています。

それで離脱した選手が戻ってくれば戦力の上積みになりますから、今年のヤクルトは侮れません。

やっぱり巨人戦は燃えるぜ!

写真は2016年8月。25年ぶりの優勝マジックが点いた翌日に観戦に行った時の写真です。

4月23日からは東京ドームでの巨人戦です。

巨人は前日までの首位阪神との3連戦で勝ち越して勢いがあります。
そして菅野 戸郷 今村の表ローテでカープは九里 高橋昂也 野村の裏ローテ。正直、一つ勝てたら御の字かなぁと弱気な自分がいました。
しかし!その予想を大きく上回る試合を見せてくれました!!

初戦の注目は打順

まず注目したのが打順。

ずっとチャンスで打てなかった鈴木誠也を3番にして4番を西川にしました。
これは誠也にもっと楽なところで打たせたいということでしょう。
去年も3番にしたらよく打っていましたし正解だと思います。

試合は九里と菅野の投手戦

5回に九里が2ランを打たれましたがすぐさま6回に打順が変わった誠也がソロホームラン!
1-2の緊迫した投手戦は最後まで続き結局完投負け。

でも九里の気迫の投球は痺れましたね~
大瀬良が離脱した今、チームの精神的支柱は九里なのかもしれません。

2戦目の先発は手術から復帰した高橋昂也

初回2回とミスも絡んで失点して、今日も厳しいかなぁと思いましたがそこからは粘りのピッチング。

打線も鈴木誠也の2試合連続ホームランで逆転してそのまま逃げ切りました。

高橋昂也は1031日振りの勝利投手ということで、辛く厳しいリハビリ期間を乗り越えてよく戻ってきてくれました。

これからも貴重な先発左腕として勝ち星を重ねていってほしいですね。

3戦目は二軍から上がってきた野村が先発

前回同じ巨人今村との投げ合いでボコボコにされて二軍落ちをしているだけにリベンジなるか。
初回からコツコツ得点を重ね5回まで3-0とリード。

野村の内容も完璧でしたが勝ち投手がかかる5回に2ランを打たれて1点差で降板。
それでも直後の6回に味方が5点を挙げて野村の今季初勝利は確実かと思いました。

ここで出た。佐々岡監督の弱気。

7回を終わって8-2と正直楽勝ムード。
ここで8回に送ったのはルーキー森浦

7日前に打球を腕に受け、それから登板がなく久しぶりの登板でした。
楽な場面で投げさそうということだったのでしょう。

しかしそれが裏目と出て、四球と2本のヒットであっという間に1点。その後、内野ゴロの間にもう1点入れられ8-4に。

でもアウトカウントは2アウトでランナー1塁。
ここで代打にベンチスタートだった坂本が出たところで佐々岡監督はルーキーの大道に交代。

これはなんで?と思いました。
2アウトだし4点差だし大道もまさか出番が来るとは思っていなかったはず。

結局、一球もストライクが入らず四球を与えて次打者にタイムリーを打たれて3点差。
代打の亀井が出てきたら今度は塹江にスイッチ。
もう、ブルペンの準備もクソもない状態ですよ。

塹江も連打を打たれとうとう8-8の同点に追いつかれてしまい、野村の今季初勝利が消えました。

さらに勝ち越しの場面でボテボテの内野ゴロを小園が上手くさばいてなんとか同点止まり・・・
結果論かもしれませんが、代打坂本の場面そのまま森浦でよかったと思いますし
そもそも6点差なら別の投手でよかったと思います。
結局、勝ちパターンを慌てて用意させてしまった継投ミスだと思います。

勢いは巨人のまま最終回。

ここで先頭の代打中村奨が巨人の守護神中川からフェン直の2ベース!
三好がキッチリ送って絶好調菊池が犠牲フライで勝ち越し!
9回裏を栗林が三者三振の完璧な火消しで連勝!!

勝因は中村奨が代打で2ベースを打ったことに尽きます。
今後はもっとスタメンのチャンスを与えてほしいです。

巨人戦2勝1敗で次のDeNA戦へ

いや~、このカードを2勝1敗で取れたのはデカいですね~

勝率も5割に戻して地元に戻っての最下位DeNA戦です。
ここで一気に貯金を増やすぞ!というところでしたが・・・

続きは次回で(笑)

次回DeNA戦は、球場観戦をした方から写真を沢山頂けそうなので楽しみにしていてくださいね。

#つぶやけとくやまっぷ でおすすめスポットを教えてね