一日一組限定の料亭で大人の贅沢時間|ー食の鬼ー夜叉(やしゃ)

2020スペシャルサポーター

知る人ぞ知る!「津々浦々」の別館

おいしい魚と、おいしい酒。食彩酒処「津々浦々」の別館として2018年5月にオープンした「夜叉」は1日1組限定完全予約制の隠れ家的高級料亭です。

今年で料理人歴29年

「夜叉」の大将の三浦さんは今年で料理人歴29年との事。

下積み時代からの長い経験を生かした料理はまさに芸術作品です。

高級感あふれるシックな店内

店内は黒を基調としたシックな内装で、こだわりのお酒や焼酎がならび、筆文字で書かれた「夜叉」は県内の書道家さんの作品です。

「夜叉」のメニューはただ一つ

メニューは一つ!

コースのメニューはなんと「大将のお任せコース」のみです。

大将がその日のお客さんの好みに合わせて腕を振るいます。

食材はお客さんの好きなものをご用意

内山
お客さんの「これが食べたい!」に応えていただけるのですか?
三浦さん

はい!もちろん大丈夫ですよ。予約時にお客さんに希望の食材を聞き、全国各地探し回って食材を調達し、調理します。

内山

全国各地から!?すごいですね!でも、今までに「この食材だけは困った」というのは無かったのですか?

三浦さん
生トリュフですね。大変高価なものなのですが、食のプロのみが使用すると言っても過言ではない食材の為、お客さんが単価をご存知ないんです。高すぎるので他の料理が出せなくなりますよ!(笑)

後、台風や大雨で魚が入らない 野菜が入らない時は本当に困りますね。

中にはどうしても、全国どこを探しても手に入らない等、無理な場合もありますがなるべくお客さんの「これが食べたい!」にはお応えしたいと思っています。

 

大将のこだわり

内山
1日一組限定にしているのはなぜですか?
三浦さん

最高級なおもてなしを目指す「夜叉」では、その日限定一組のお客様の仕込みから料理を出すまでを、私1人で対応することにこだわっています。

せっかく高いお金を出して私の料理を食べに足を運んでくれるのだから、和食の原点である、「丁寧に出汁をとる」「下味を丁寧に付ける」緊張感をもった丁寧な仕事を心がけています。

なので、一組最大8名までが限界かな?と思っています。

夜叉の「大将おまかせコース」料金

予約人数によって料金が変わります

1組2名様 15,000円~/1人(税別)

1組3名様 10,000円~/1人(税別)

1組4~6名様 8,000円・10,000円・15,000円/1人(税別)

ー食の鬼―夜叉

内山
店名の「夜叉」の由来を教えてください。
三浦さん

私自身がもう一度、「食」に向き合い、自分自身に対しての「鬼」になろうと

長年料理人をやってきて、初心を忘れることなく自分自身を奮い立たせようと決意し、この店名にしました。

今話題の「鬼滅の刃」のファンなのも由来の一つなんですよ(笑)

さいごに

一日一組限定、特別な場所で特別な人と、特別な料理を食し、特別な時間を。

慌ただしい日常を「食」で癒され、大将の三浦さんのおもてなしを存分に楽しめる大人な空間です。

―食の鬼―夜叉

住所:周南市飯島町1-40はつもみぢビル1F・2F
お問合せ電話番号:0834-32-8336(津々浦々・夜叉両店共通)

 

#つぶやけとくやまっぷ でおすすめスポットを教えてね