お知らせ 2020年2月27日
新型コロナウイルス感染症対策について、日本政府の基本方針を受けて山口県内でも大小に関わらずイベントの急な中止、延期が発生しています。 お出かけの際は、イベント主催者に直接確認するなどご注意ください。

周南の日本酒を飲み比べして徹底比較 シーン別のおすすめをご提案

周南の酒

Tokuyamapサポーター2019

The following two tabs change content below.
徳山 由美子

徳山 由美子

徳山で日本酒イベントを主宰するほどお酒を愛する、徳山(本名)です!

フグと酒でもご紹介されていますが、周南市には4つの酒蔵があり、「ここでしか買えないお土産」としても選ばれています。

日本酒は「米と水と米麹」が主な原料なので、その土地を感じやすいのも魅力です。

『実際どれが美味しいの?』という質問をよく頂くので、この記事ではそれぞれの特徴をご紹介。実際に飲んで味の比較マップも作成しました。

日本酒の選び方 基本編

まずは、どんな銘柄の日本酒を選ぶときにも参考にできる分類方法をご紹介します。

①4つの分類

日本酒のソムリエとも言える「唎酒師」(ききざけし)は、日本酒の味を分かりやすく伝えてくれます。下の図のように、分かりにくい専門用語ではなく、香りと味わいで日本酒を大きく4分類しています。

日本酒の4タイプ分類

唎酒師が身につけるスキル 日本酒サービス研究会より

薫酒、熟酒、爽酒、醇酒の4タイプ味の濃淡香りの高低で分類されています。

ワインでも『甘い・辛い』『重い・軽い』で味の好みを表現しますよね。日本酒でも、自分の好みがどのあたりのお酒か知っておくと、他の銘柄を選びやすくなりますよ。

②同じ名前で種類が沢山…特定名称8種類

ウイスキーだと「15年物」や「30年物」など年代で価値が変わったりしますが、日本酒は「特定名称」により呼び方が変わるのです。

日本酒は「特定名称酒」と「普通酒」に分けられます。「特定名称酒」は「原料、製造法や精米歩合」などによってその名称を表示することができます。

それ以外を「普通酒」と呼んでいます。

特定名称酒の比較表

お米を沢山削る「純米大吟醸」は高価格帯になる

特定名称酒とは? SAKETIMES

高いから美味しい、わけではない

日本酒は大吟醸が高価格帯で、ボトルも華やかなものが多いです。お土産やギフトに贈るのであれば、大吟醸は大変喜ばれます。

しかし、『さっぱりめが好き』『熱燗で飲むのが好き』などの好みの場合は、必ずしも大吟醸が良いとは限らないのです。

周南の地酒 味の比較 ※編集部調査

それでは実際に味の違いを飲み比べしたいと思います。レビューをするのはこの3名。

唎酒師の山本さんのアドバイスで、基準酒をベースにお酒の個性を感じていくことにしました。この日の基準酒は、「原田 特別純米酒60」です。

左から夢横丁主宰徳山、酒店山本屋店主で唎酒師の山本、編集長箭内

箭内
周南に移住して2年目、Tokuyamap編集長です。お刺身にはやっぱり日本酒、辛口が好みです
山本
周南市で酒屋をやっています。唎酒師としての視点で参加いたします!
徳山
周南では「とくやま夢横丁」という日本酒の飲み歩きイベントを主宰してます。日本酒好きなら負けません!飲みごたえがあるクセの強いものが好き。

3人で真剣に飲み比べをして、周南市の日本酒、味の分布図を完成させました!

  • 龍の尾 特別純米(60) 味の辛さ:★★★★ 香りの高低:★★★
  • 龍の尾 純米吟醸(55) 味の辛さ:★★★★ 香りの高低:★★★
  • 原田 特別純米酒60 味の辛さ:★★ 香りの高低:★★★
  • 原田 純米吟醸50 味の辛さ:★★ 香りの高低:★★★
  • 原田 純米大吟醸40 味の辛さ:★★ 香りの高低:★★★
  • 防長鶴(60) 味の辛さ:★★★★★ 香りの高低:★★★★ 

飲んでいる間のリアルな感想がこちら

最初の1杯目は乾杯でスタート、基準酒の原田特別純米酒から

箭内
原田は3本通して甘めで飲みやすいですね。山口のお米を使っているのでお土産にもぴったり。
徳山
原田の特別純米酒はメロンみたいなかおりですよね。ふわっとしています。
山本
はつもみぢさんは全量純米酒の酒蔵で、四季醸造なのでフレッシュな日本酒が特徴です。
徳山
原田の純米吟醸は、まっすぐ線が通ったような香りがします。純米酒よりも味が濃い感じですね、塩気のあるおつまみと合わせたいです。
山口のおつまみたち

おみやげ街道で購入できるおつまみ食品たち

山本
上品な甘みとシャープな後口ですね。味わいの幅が広くて、後口もスッキリしているのが特徴です。
箭内
原田純米大吟醸、意外と原田50に比べてスーッと飲めます。大吟醸って濃いのかと思っていました。
徳山
お米を食べているような感じがするくらい、米を感じるあじわいですね~。
山本
純米吟醸に比べると味わいが優しいでしょ?お家で飲むときは、もう少し冷やすとキリっとしてより美味しくなります。甘味もあるけど、酸度1.6で少し高めなので後味がすっきりしていますね。
徳山
酸度の酸って何ですか?
山本
日本酒にはたくさんの酸が含まれていて、アミノ酸や乳酸、コハク酸、リンゴ酸などがあり、それが酸味や旨味を作っているんですよ。

ここからは男自慢酒造の「龍の尾」を頂きます。香りもちゃんとチェック

箭内
龍の尾特別純米は、後味が個性的でクセが強めな感じ。
山本
味わいに豊かさがありますね
徳山
同じ龍の尾でも純米吟醸の方は、おだやかでスタイリッシュな味わいですね。
山本
ボリューム感のある味わいですが、後口は優しく流れていきます。

緊張しながら進んだ地酒比較も最後の「防長鶴」を飲むころには和気あいあい、お酒はこうじゃなきゃ!

箭内
防長鶴はラベルに記載があるとおり、本当にリンゴのような爽やかな味わい!
徳山
私はこれが一番飲みごたえがあって好きです!日本酒らしい味だけど、スッと入ってくるので飲みやすいですね。
山本
無濾過原酒なので、そのお酒の力強さと醍醐味を感じさせてくれるお酒ですね。
箭内
私は龍の尾純米吟醸が今日のお気に入りでした。印象に残る辛口で、常備したいくらい!

今回、色々なタイプのおつまみを揃えて相性チェックもしてみました。

チーズ系はコクがあるので純米系の日本酒にはどれも合います。キムチ味のおつまみは、繊細な日本酒の味が負けてしまうので良くないかもしれません。

「ふぐさし 柚子胡椒味」はさっぱり飲みたい時にお薦め!

※今回は、商品提供がおみやげ街道さんだったので、取り扱いのない中島屋さんのお酒は比較していませんが、こちらの記事で紹介しています。

中島屋中村氏

徳山の酒造 中島屋│創業の歴史と製品の特徴、おすすめの飲み方

2018年10月3日

周南市の酒蔵で作られるお酒

今回は、JR徳山駅のお土産店「おみやげ街道」で購入できるお酒の中から厳選してご紹介しました。

周南の酒

あらためて基本情報、ということで精米歩合や日本酒度とともに酒造をご紹介します。

防長鶴 赤ラベル

防長鶴

防長鶴(赤ラベル)720ml 1400円(税別)

酒蔵コメント
熟れたリンゴの柔らかい香り。心地よい酸味とすっきりした後味

原料米:山口県産山田錦100%
精米歩合:60%
アルコール分:17度
日本酒度:+3
酸度:1.5

酒造:株式会社山縣本店

龍の尾 純米吟醸

龍の尾

龍の尾 純米吟醸 720ml 1800円(税抜)/ 300ml 800円(税抜)

酒蔵コメント
上品な辛口 ミドルで広がる深い味わいが驚きを生み出します。

原料米:山田錦
精米歩合:55%(40%と55%をほぼ同量併用)
アルコール分:15度
日本酒度:+4
酸度:未記載

酒造:男自慢酒造株式会社

龍の尾 特別純米

龍の尾

龍の尾 特別純米 720ml 1500円(税抜)/ 300ml 700円(税抜)

酒蔵コメント
すっきりとした口当たり ゆっくり広がる深い味わい。上質な辛口テイストがいつまでも飽きさせない。

原料米:山田錦
精米歩合:60%
アルコール分:15度
日本酒度:+4
酸度:未記載

酒造:男自慢酒造株式会社

原田 純米大吟醸40

原田40

720ml 2600円(税別) 300ml 1140円(税別)

酒蔵コメント
上品で心地よい吟醸香、繊細でやさしい口当たりながら米の旨みを充分に引き出した深い味わいです。

原料米:山口県産山田錦100%
精米歩合:40%
アルコール分:16度
日本酒度:−7
酸度:1.6

酒造:株式会社はつもみぢ

原田 純米吟醸50

原田純米吟醸50

720ml 1600円(税別) 300ml 700円(税別)

酒蔵コメント
ほのかな吟醸香とやわらかい口当たり。フルーティーな味わいで米の旨みもしっかり感じられます。

原料米:山口県産山田錦100%
精米歩合:50%
アルコール分:16度
日本酒度:−4
酸度:1.6

酒造:株式会社はつもみぢ

原田 特別純米酒60

原田特別純米

720ml 1350円(税別) 300ml 590円(税別)

酒蔵コメント
米の旨みを存分に楽しめるコクのある口当たりと、スッキリとしたキレのある飲み口。 冷やでもぬる燗でも楽しんでいただけます。

原料米:山口県産山田錦100%
精米歩合:60%
アルコール分:16度
日本酒度:−4
酸度:1.7

酒造:株式会社はつもみぢ

周南市の地酒比較 まとめ

私が主宰している日本酒を味わうイベント「とくやま夢横丁」では、お酒の管理をとても大事にしているんです。

日本酒は封をあけると味が変わってしまうので、毎回美味しく飲める状態で用意するようにしています。

日本酒は「どれが美味しい」のではなく、「好みに合うか」だと思っています。日本の国酒でもあるので、各地で飲み歩いてみて自分に合う好みの日本酒を見つけてほしいです。

山本

是非、日本酒をアルコール飲料として見るだけでなく、日本の伝統文化として視点を変えてみてほしいですね。銘柄の名前にもストーリーがあったりするので、お土産と一緒にそのストーリーを持ち帰ってみてください。

周南市の地酒はこちらの記事でも紹介しています。

徳山の地酒3種類

徳山の地酒と瀬戸内の魚介で食欲の秋を満たしてほしい│酒造3社を取材して分かった酒の特徴や歴史

2018年10月5日
地酒座談会

徳山の地酒で本気座談会「なぜ私たちは日本酒にハマらないのか?」

2018年10月22日
中島屋中村氏

徳山の酒造 中島屋│創業の歴史と製品の特徴、おすすめの飲み方

2018年10月3日

徳山の酒造 山縣本店│創業の歴史と製品の特徴、日本酒毛利のおすすめの飲み方

2018年10月2日
原田社長と日本酒原田

徳山の酒造はつもみぢ│創業の歴史と製品の特徴、日本酒原田のおすすめの飲み方

2018年10月1日

記事協力

山本屋店主 山本さん(唎酒師)

店名:山本屋
電話番号: 0834-62-2041
住所:〒746-0012 山口県周南市政所3-10-13
営業時間:9:00~19:30
定休日:毎週木曜日
駐車場:徒歩1~2分程度の場所に5台あり
ホームページ:山本屋公式webサイト

徳山
山本屋さんは、お酒の贈り物を相談したいときによく利用しています。知識が豊富でいつも喜ばれるお酒をオススメしてくれますよ!

商品提供協力:おみやげ街道徳山駅前店

周南の酒

#つぶやけとくやまっぷ でおすすめスポットを教えてね