徳山から世界へ!現役女子高生2人組が自力で世界一周に出る理由

The following two tabs change content below.
箭内 奈津美
Tokuyamap編集長2年目になりました。横浜出身・東京育ちの都会っ子ですが脱東京を目論み、徳山に移住をしてみました。得意分野はwebマーケとEC通販というバリバリのIT女子です。 地元者とは違う目線で街の魅力を見つけていきます。

Tokuyamap編集長の箭内です。とびきり刺激的な女子高生に出会いました!

2019年10月14日、徳山高校に通っていた2人の女の子たちが世界一周に旅立ちます。思い立ったのは2019年の夏休み、というから驚きです。

2人の名前は、ひなことまなみで「ひなまな」。世界一周に旅立つ理由を聞いてみたら、私まで楽しい気持ちになりました。

ひなまなの二人ってどんな子?

まずは2人をご紹介しましょう。

プロフィール

hinamana

左がまなみ、右はひなこ

右:宮崎日菜子(みやざきひなこ)18歳
下松市出身で徳山高校に通う。バドミントン部

左:升守愛美(ますもりまなみ)17歳
周南市出身で徳山高校に通う。元テニス部→軽音部

出会いのきっかけ

2人の共通点は中学から通っていたみかみ塾です。当時は地域が違いましたが、高校生になってクラスが同じになりました。

2人とも塾に遅くまで残って自習することが多く、少しずつ話をするようになります。

この頃に行われた、みかみ塾の韓国旅行をきっかけに2人は急接近します。世界旅行をする2人が初の海外旅行で仲良くなるなんて、不思議な縁を感じます。ただ、このときにはまだ2人とも世界旅行は意識していなかったそうです。

高校2年のときに、徳山高校でも同じクラスになり普段から遊ぶ仲に深まっていきました。

世界一周旅行を決めた理由

そんな2人が世界一周を決心したのは、なんと今年2019年の夏休み!ほんの数十日前です。

きっかけは、ミャンマーとラオスとタイへの7日間旅行でした。

高校3年生の夏休みに3か国旅行へ

ミャンマー・ラオス・タイとは、女子高生の旅行にしては大胆な印象を受けます。きっかけは何だったのでしょうか。

ひなこ
塾のみかみ先生が、夏休みに3か国旅行するって話をしてくれて
まなみ
私たちも行きたい!ってお願いしたんです
箭内
そこから実際に実行するってすごいよね。ご両親は反対しなかったの?
ひなこ
全然ない!笑
まなみ
うちも!みかみ先生への絶大な信頼があるんです。

金髪がトレードマークのみかみ先生

塾の先生との3人旅で3か国を周ることになるひなまなの2人。そこで、日本では味わえない様々な経験や感情に出会います。

みかみ先生とひなまなの2人

住みたいくらいお気に入りに!ラオス進学も検討

タイの3ヶ国国境河川にて

実際に訪れた3か国の印象は、ミャンマーは少し暗い雰囲気で、タイは明るい、ラオスは温かい雰囲気でした。

まなみ
ミャンマーの暗いというのも実は悪くなくて、それぞれ色が違うというか…なんとなく寒色っぽい雰囲気でした
ひなこ
本当にそれぞれ個性があって良かったけど、ラオスはとても居心地が良かったんです。ラオスへの大学進学も真剣に考えました。
箭内
ラオスにハマる人が結構いるというのは聞いたことがあるけど、実際どんな国でしたか?
ひなこ
とにかく人が優しい、温かい!日本の女子高生が珍しいのもあって、興味ありげに観察されました。笑 でもそれが可愛らしくて。

ラオスでは象使いも楽しんだ

まなみ
たぶん親日っていうのもあって、本当に親切にしてもらいました。治安も良かったですよ
ひなこ
ルアンパバーンの街は夜でも一人で出歩けました

ルアンパバーンは、街自体が世界遺産になっていて街の雰囲気がすごく良いのだとか。ナイトマーケットでは、地元の方が普段からお買い物をするので現地の雑貨や食品が買い物できる魅力もあります。

まなみ
ラオスは仏教なので、「ありがとう」のときに両手を合わせてくれるんですけどそれがすごく好きでした。なんていうか…心に染みるんです。

3か国とも、共通語は英語ではなかったけどもお互いつたない英語で会話を重ねました。その際も、皆が笑顔で対応してくれて、いやな顔をする人はいなかったのだそう。

日本に興味がある人が多くて、日本語を教えてほしいと積極的にコミュニケーションをとってくれる同世代の子も印象的だったようです。

帰国前、タイのドンムアン空港で決心

ラオスのことは気に入ったものの、3か国しか行ってないのにこんな考えになるなら、もっと他の国も見てみたいと感じます。

箭内
他の国も見たい、というのがなぜ世界一周に繋がったの?
ひなこ
私から思い立って、「世界一周してみない?」ってまなみに提案したんです
まなみ
私は「いいじゃん!」って。笑 それを聞いたら絶対行きたいって高まっていって、ほとんどその場で実行を決心していました

同行していたみかみ先生から、世界一周旅行を達成した日本の男子高校生の話もその場で聞き、2人は「出来る」と決意。

あとは両親の許可をとるだけだね、と帰国しました。

日本に帰ってきてすぐに行動

帰国するとひなまなの2人は、ご両親に世界一周に行きたい想いをぶつけました。

気になる親の最初の反応は?

女の子2人での世界一周旅行、ご両親は心配し反対したのではと思いきや…さすがこの2人のご両親、そうはなりませんでした。

ひなこ
父はいってらっしゃい、そんなこと言うと思っとった。母は危ないから考えさせてって
まなみ
母は自分がしたいことならちゃんと調べてやりなさい。父もちゃんとやるなら良い。中途半端にやるなと。

まなみさんは、母親から

「将来の夢は大学の進学をして、学校の先生になること。と聞いていたが本当にそれで収まるのかと疑問に感じていた。逆に世界一周の話をきいて、それがあなたらしいわと感じて安心した」

と言われます。

現実的な将来設計をする娘と、そんな玉じゃないと思っていた母。そして母が考えていたとおり娘は大胆な行動を選んだ、ということです。

ひなこさんも、ご両親からの時間の使い方について心に残っている言葉があります。

「今、すごくやりたいことがあったら、今出来なくてもきっといつかやる。やらないまま大学進学をして結局大学で実行をするくらいなら、今休学をしてでもやったほうが有意義でしょ。学生の1年間で何をやるかは大事だから」

もちろん、2人の熱量があってこそのご両親の言葉ですが、とても愛を感じます。

こうして、世界一周旅行計画が正式に動き出し2人は自力での実行に動き出すのです。

世界一周旅行の目的を再確認して気づいたこと

一人で世界一周をした男子高校生がいることをみかみ先生に聞いて、その人物についてもtwitterなどで情報収集をしました。当時男子高校生だった彼は、その経験を生かして旅行情報などを扱う起業をしていました。

一番の目的は、ラオスをきっかけに色々な国を知りたくなったことだった2人ですが、自分たちだけが知るのはもったいないと思うようになります。

テレビや人の話だけじゃ分からない他の国の良さを他の人にも知ってもらいたい、そして実際行動に移してもらいたいという気持ちが高まってきたのです。

そこで情報発信のため、まず最初にwebサイトを立ち上げ、2人のSNSアカウントを用意することにします。

情報発信と資金集め

男子高校生が100万円で周っていたので、2人なら200万円は必要だろうと目標を設定しました。

慣れないパソコンでwebサイトを作って、独自にクラウドファンディング用のページを用意します。

ひなこ
クラウドファンディングのプラットフォームを使うと結構手数料が取られると知って…。もったいないから直接やりとりできるようにしようと思ったんです

なんとかwebサイトにクラウドファンディングの機能を実装しますが、お金を振り込んでくれた人から「エラーが出る」とメッセージが・・・。

まなみ
大切な個人情報が漏れてしまうのではと怖くなり、手が震えました

焦ってパソコンで調べながら対応しますが、身近に教えてくれる人もいなかったのでとにかく必死。なんとか解決できたが、今思えばそれが最初に感じた壁でした。

ひなこ
それを乗り越えてからは大変と思うことはないです。色々なご指摘やご意見は頂きますが前向きに捉えています!

現在、(2019年9月14日)74万円まで集まっているが目標は200万円。知り合いづてに広がっているがSNSで全く知らない人も協賛してくれているというから素晴らしいです。

ひなまなのクラファン参加お礼一覧

2人への協賛の対価として、旅行中にアップし続けるyoutubeのエンドロールに名前がでることなどを用意しています。3000円から応援可能で個人だけでなく企業からの協賛も出てきているのだとか。

世界一周旅行が終わる2020年6月まで協賛可能ということなので、2人の旅を追いかけながら応援することができます。

サイト上のクラウドファンディング以外にも、地元徳山の商店街のお店などに直接回ってポスターを張ってもらったりアナログの活動も行っています。

世界一周のルート計画は実体験を参考に決定

2人のブログでも紹介されていますが、この9月に109か国を旅したことがある先生が徳山高校に赴任します。2人はそのエピソードを聞いた瞬間、「きたこれ!」と興奮したそうです。

すぐに先生に突撃し、旅行の実体験からお金の使い方や治安のこと、気を付けるところなど多くのリアルな情報を仕入れました。

ルートは、前述の男子高校生やみかみ先生の経験も参考に、自分たちが行ってみたい国も上手く取り入れて計画しています。

ひなまなの世界一周ルート
  1. 日本
  2. ​韓国
  3. 台湾
  4. ベトナム
  5. カンボジア
  6. タイ
  7. マレーシア
  8. タイ
  9. ラオス
  10. タイ
  11. インド
  12. ネパール
  13. インド
  14. イラン
  15. トルコ
  16. ジョージア
  17. アゼルバイジャン
  18. アルメニア
  19. トルコ
  20. ブルガリア
  21. マケドニア
  22. アルバニア
  23. モンテネグロ
  24. クロアチア
  25. ボスニアヘルツェゴビナ
  26. セルビア
  27. ハンガリー
  28. オーストリア
  29. チェコ共和国
  30. ポーランド
  31. ドイツ
  32. フランス
  33. スペイン
  34. モロッコ
  35. アルゼンチン
  36. ウルグアイ
  37. ブラジル
  38. パラグアイ
  39. ボリビア
  40. ペルー
  41. エクアドル
  42. アメリカ
  43. JAPAN

8か月40か国の旅

ひなこ
今は、帰国後に大学受験を視野にいれているので、それができるスケジュールで設定してるんです
箭内
世界一周なんて経験したら大学進学に興味がなくなるんじゃない?
まなみ
それでも、今の日本では大学卒業ってとても意味があることなのが事実なので
ひなこ
日本に戻ってきたときに、大学の価値が変わってたらいいなとも思うけど、単純に大学生活を送ってみたいって思ってます!笑

大胆さと堅実さのバランス感覚があるひなまなの2人、脱帽です。

旅系youtuberのオフ会にも参加

調査の段階で知った、旅系youtuberのオフ会。twitterで直接連絡をとって詳細を聞き、大阪まで節約のため鈍行列車を使い参加してきました。(片道8時間!)

ひなこ
青春18切符っていうのがあって、2人で往復使えてコスパが良いんですよ
青春18切符とは?

日本全国のJR線の普通・快速列車の普通車自由席及びBRT(バス高速輸送システム)、ならびにJR西日本宮島フェリーに自由に乗り降りできるきっぷです。
「青春18きっぷ」は、年齢にかかわらず、どなたでもご利用いただけます。お一人での5日間の旅行や5人グループでの日帰り旅行などの「鉄道ぶらり旅」に、ぜひご利用ください。

JR東海公式webサイト

そのオフ会には、海外旅行を多く経験した人たちが集まっていて、さまざまな体験談を聞くことができました。

そして、夢のある話をきいて2人のモチベーションは最高潮に上がります。

まなみ
南アフリカばかりを攻めている女性の話や、世界一周を私たちと逆回りで周る予定の方の話などとても刺激的でした
ひなこ
「高校生で世界に目を向けて行動しようとおもえたことが羨ましい」ってその場の大人たちから言われて…とても嬉しく感じました

instagramやtwitter,youtubeのアカウントをフォローしあい今も交流が続いているので、youtubeで旅の報告をするのが今から楽しみなんだとか。

最近、学校に休学届を出した

ひなこ
担任の先生に世界一周するんで休学します。ってお話ししました

先生は「え・・・?」と固まり、最初はとても心配されましたが2人の考えやwebサイトを見せて想いを伝えて、理解を得ることができました。

「できることは協力するからなんでも聞いてね」というありがたい言葉をもらい、実際にいろいろ調べて共有してくれています。

箭内
いい先生…有難いですね

出発まで1か月、旅の準備は最終段階に

私がひなまなの2人に会ったのは9月14日、出発までちょうど1か月前でした。

旅に必要なクレジットカードを用意したり、2人の口座を作って海外のATMでお金をおろせるようにしたり、保険の手続きをしたり・・・。大人でも大変な手続きを自分たちで調べながら進めています。

まなみ
高校生は自分でクレジットカードを作れないし、使ったこともないので、手探り状態です。笑

旅行中に冬を越すため、荷物が増えすぎないよう持っていくものを選ぶのも一苦労です。

現地で安い洋服を買い足すこともあり得るけども、その際は持ち続けるのではなく旅行中に出会った人にあげるなどして荷物が増えないよう工夫しながら楽しむというポジティブっぷりはさすが!

ふたりから見た徳山・山口・日本

これから世界一周を行う2人は、この街でどんな景色を見ているのでしょうか。

徳山は友達と過ごしやすい街

まなみ
徳山は一言でいうと、適度に田舎で適度に便利
ひなこ
新幹線があるけど、夜パジャマで歩けるラフさがある。とにかく公園とおしゃれなカフェが多い!

2人にとって、徳山駅周辺の中心市街地は過ごしやすい場所なんだとか。

ひなこ
ちょっと話したいとなったときに座れる公園があるのは本当に良い!地元の下松にはあまりないですよ
まなみ
再開発で徳山駅前図書館ができてから、商店街も盛り上がっている印象がありますね
ひなこ
食べ物だけじゃなく雑貨のお店も意外とある。安いお店も高いお店もあって高校生でも過ごしやすいかな。なくなっちゃったけど、プチポワカフェは安くて美味しくてお気に入りでした。
まなみ
あそこでプレセント買ったりね。あとカエルストア、コーヒーボーイとかもあるよね。オレンジカフェとか!
ひなこ
オレンジカフェは移転前の方が入りやすかったかな。市役所の横はなんとなく入りにくい…。笑

と、カフェの話題で盛り上がるのは今どきの女子高生という感じです。今は徳山駅前図書館を使うことも多いそうですが、高校生は移動手段が電車・バス・自転車と様々なので意外と駅近である必要はないだとか。

ひなこ
ラーメン屋さんの小力は、入りにくいけど食べたら美味しかった!
まなみ
あと階杉が大好き!
箭内
徳山に足りないものはある?
ひなこ
100均単体が欲しい!文化祭の買い出しとかで便利だから。あとは店のwebサイトをちゃんと作った方が良いとおもう。調べても出てこなくて結構困ります。
まなみ
バスの時間間隔が広い、ICカードが使えない!利用者が少ないのも分かるんですけど、やっぱり不便さを感じます

電車の時刻間隔も広いので、1本逃すと遅刻する。そして電車のある時間だけバスが混むというストレスも…。

ひなこ
下松からバス通学なのでバスのことは色々気づきます!バス停の名称と場所のややこしさもある

それでもこの街は好き、徳山高校生にとって過ごしやすい場所、と笑顔で話す2人に大人としてほっとしてしまいました。

山口県は特徴がなくて海外で伝えるのが難しい

範囲を広げて「山口県」についてはどう感じるのでしょうか。

ひなこ
両隣に福岡・広島と都会があるから、田舎に暮らしながら遊ぶ場所も近いという良さはあるのかな?高校生は行動範囲がそこまで広くないから、物足りなさはある
まなみ
テレビで山口県が紹介されたときに嬉しくなるし、地元としてはやっぱり好き。特別な理由はないけど…
箭内
世界に山口を紹介しようと思ったら・・・?
ひなこ
福岡の隣の県って言う!Next to Fukuoka~って。日本で1番発展していない県庁所在地が山口市とテレビでやっていてびっくりしたけど、納得しちゃいました。
まなみ
山口県は下関が一番都会というイメージ
箭内
海外の人に山口県を紹介する方法を考えてみたら?
ひなこ
ちょるるを連れて行こうと思っています!
まなみ
みかみ塾といういい塾があるって話します!笑
箭内
みかみ塾が山口の観光名所になっちゃうかも!笑

山口県庁の皆様、旅行に連れていけるミニサイズのちょるるをぜひ2人に持たせてあげてください!

日本はとにかく安全・安心

さらに範囲を広げて「日本」に想うこと。これから8か月間出ていくわけですが…。

東南アジアから帰ってきて感じたことは安全安心で生活しやすいということで、海外のバックパッカーに聞いても日本が1番良いと言うそうです。

日本人は約束を破らない、裏切らないというのが世界から見るとすごいことで、例えば財布を落としても帰ってくるのは日本くらいです。

夏休みの旅行中、トゥクトゥクに乗った時に最初の値段と降りるときの値段が違う、ということも。人を見て平気で値上げしてくる、というのは日本ではありえませんよね。

まなみ
やっぱり日本は清潔。東南アジアでは普通に食事に虫が寄ってくるので
ひなこ
日本の水は軟水。東南アジアは髪を洗うとバシバシになる!

日本になくてラオスにあるものは?

2人が移住したくなるくらい魅力的な街ラオス。日本との違いはどんなところにあるのでしょうか?

ひなこ
ゴチャゴチャしてる感じ、整備されていないけどそれが好き。ナイトマーケットは見るだけでも楽しくて、現地の生活者が使っているようなものが売られてるんです。まとめて買うと勝手に安くしてくれることも多かったです。
まなみ
人と人が近い、レジもなくて直接触れ合える感じが良かったですね。店員ぽくなくて、フレンドリーなんです。
ひなこ
トゥクトゥクに乗っていて他の車と目が合うと、笑顔で手を振ってくれたりして、すごく開放的な気分になれます
まなみ
日本人はシャイなのかも

世界一周旅行に向けて

大変な準備が終われば、あとは出発して旅を楽しむだけ。40か国を周るなんて、想像するだけでワクワクします。

一番したいことは?

ひなこ
ボランティア。日本人があまり行っていない国でボランティアをしたら「日本人」の印象が良くなって、次に行く人が親切にしてもらえて行きやすくなるかなと・・。
まなみ
日本の人に海外のことを伝えることと、海外の人に日本のことを伝えられたら。国交までいかないけど、日本のことを好きになってもらいたいです
箭内
youtubeで発信したいことは決まってるの?
まなみ
宿、食べ物、出会った人のこととか、ダイレクトにそのままを映像で見せたいですね

楽しみにしている国は?

まなみ
イランにすごく行きたいんです。危ない国というイメージを持たれているけど、それはイラクとの勘違いがほとんどなんです。地理の授業でイスラム圏を知り、宗教学にも興味が出て…心に1個信ずるものがある、という感覚が好きでイスラム圏のことをもっと知りたいですね
ひなこ
スペインが一番楽しみ。実はフラメンコを中3まで習っていたので、スペインで本物を見たいんです!参加する機会があったら絶対したい!お酒は飲めないけど、夜にお店でやっているショーを見るチャンスを狙います

未成年の2人は、行ける場所・入れるお店に制限があることもあります。大きなチャレンジ中にたくさんのチャンスが訪れることを期待して応援したいですね。

2人から全世代の人に伝えたいこと

徳山駅前にて、仲良しショットのお願いにノリノリでポーズ

女子高生世界1周は日本で初めてらしくて、1番にやる人にしかできないことがあるはずと感じているんです。

厳しい意見や偏見もあると思う、バカじゃないのと言われることもあると思うけど、できる環境があるからやり通したいと考えています。

自分たちは恵まれているから、その機会が与えられるなら、やりたいことは出来るときにやったほうがいいと伝えたいです。

世界1周については、「今じゃなくていい」とも言われるけど、旅をしてきた人には「高校生で気づけたのは羨ましい」といわれるからその言葉を選びたいんです。

今はよくわからないけど、自分たちなら「やってよかった」と思えるはず、何もわからないから感じる価値もあるはずと思っています。

高校生は、進路を決める人生の岐路だから、今やることに意味があると考えています。

タイミングと時間と環境があるならやったほうがいい。

自分の気持ち、信念に従ってやればいい。核をもって。

それを見つけるために旅をしてもいいと思っています。

気が付けばお話しを聞き始めて3時間、2人の行動力と根性に圧倒されながらとても楽しくお話を聞かせていただきました。

私が東京から来た話をすると「東京いいなぁ!」という女子高生らしい反応もありつつ、その目はしっかり未来を捉えていました。

2人の旅はこれから、Tokuyamapは旅の途中も追いかけていきます!

ひなまなちゃん、世界から徳山への情報発信もよろしくお願いしますね!

\ひなまな、ライター始めます/

#つぶやけとくやまっぷ でおすすめスポットを教えてね

ABOUTこの記事をかいた人

箭内 奈津美

Tokuyamap編集長2年目になりました。横浜出身・東京育ちの都会っ子ですが脱東京を目論み、徳山に移住をしてみました。得意分野はwebマーケとEC通販というバリバリのIT女子です。 地元者とは違う目線で街の魅力を見つけていきます。